セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの良質の保湿成分を取り入れる…

60代の女性

60代になると、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどの肌にもともと存在している成分の減少や劣化が顕著になるため、シワやたるみが目立つようになります。

また、細胞の新陳代謝も衰えるため、ダメージを受けた皮膚の再生がスムーズに行われず、新しい皮膚が作られるよりも老化のスピードが速くなります。


老化のサインの中でも気になるのがたるみです。

たるみの兆候は、早い人では20代から見られます。

年を重ねるごとにたるみは進行し、60代ではほうれい線に加えてマリオネットラインができ、フェイスラインにも大きなゆるみができるようになります。


このようにたるみが進行した60代の肌には、リフトアップケアが必要です。

日々のスキンケアでは、まずは保湿ケアが大切です。

角質層が潤っていると真皮層も安定するため、ハリや弾力を保つことができ、リフトアップにつながります。

セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの良質の保湿成分を取り入れると良いでしょう。


また、リンパマッサージはリフトアップ効果が望めるので、日々のお手入れに加えると数年後の肌に違いが出てきます。

60代になると、リンパの流れが滞りやすくなるため、老廃物がたまり、むくみにつながります。


また、脂肪もつきやすくなるので、顔全体がぼんやりとした雰囲気になります。

リンパマッサージをすることで、リンパの流れだけではなく、血行も良くなるので、皮膚の新陳代謝も促されます。

リンパマッサージをする際は、たっぷりとゲルやクリームを塗り、リフトアップを意識しながら、たるんだ部分を引き上げるようにマッサージしましょう。

手は内から外に向かって動かし、くれぐれも力を入れ過ぎないように注意することが大切です。


さらに、紫外線は肌の老化を引き起こす大きな原因と言われているので、季節や天候にかかわらず、紫外線対策を怠らないようにしましょう。

たるみが進んでいる場合、セルフケアだけではリフトアップ効果を実感することは難しいものです。


確かなリフトアップ効果を望むなら、美容皮膚科や美容外科に相談するのがおすすめです。

たるみ治療は大きく分けて5つに分けることができます。

1つは、たるみの部分を切除したり、皮膚の内側からリフトアップするメスを使った方法です。

2つ目は、メスを使わず糸を皮膚に挿入することで、たるみをなくす方法です。

3つ目は、特殊な糸を皮膚に挿入することで、コラーゲンなどの生成が促され、若々しい肌に導く方法です。

4つ目は、高周波、超音波、レーザーなどのマシンを使って行う方法です。

5つ目は、ヒアルロン酸やボトックスを注入する方法です。

フェイスリフトは顔全体のバランスを考えながら行うことが大切ですので、医師には技術力に加えセンスも必要です。

後悔しないためにも、名医を選ぶようにしましょう。

■メスを使うリフトアップ

美容皮膚科や美容外科での施術は、少し前まではそのリスクが懸念されることからかなり敬遠されてきました

しかし、この現代では美容医療の技術の驚異的な進歩や、それに使用される最新医療機器などの開発で、多くの人が施術を受けるようになったのです

アンチエイジングという言葉が頻繁に使われるようになって久しいですが、60代になっても女性の理想はやはりいつまでも若々しくありたいということでしょう

美容皮膚科や美容外科は、そんな多くの女性たちの望みを叶えてくれます


60代の肌で多い悩みというのは、フェイス部分のたるみやしわなどではないでしょうか

美容皮膚科や美容外科の施術でこれを改善させるためにはリフトアップという施術があります

フェイス部分のリフトアップの方法には大きく分けると、メスを使う施術と使わない施術に分かれ、どちらを選択するかはその症状から考えて、施術前に行われるカウンセリングで医師との相談の上で決められるわけです


メスを使う施術で一番多いのは切開手術で、これはメスを使ってたるみやしわの原因となっている余分な皮膚を切り取ってリフトアップします

このメスを使う切開手術は、皮膚を切除することでリフトアップをはかる施術になりますから、気になるたるみやしわは確実に改善することが可能です

そして、その効果はずっと続くという大きなメリットもあります

しかしながら切開手術というものは何かと不安もつきものです

術後のダウンタイムも、当然のことですが長くなってしまいます


このような切開手術では、メスを入れた部分の傷跡が後々まで残ってしまうのではないかという不安もあるでしょう

フェイス部分ですから手術の傷跡は否が応でも目立ってしまいます

こうした不安をなくすためにも、施術を受ける美容皮膚科や美容外科の選択も重要です

もちろん、腕のいい医師に施術をしてもらうことがおすすめですが、そういう医師を探す方法としては、インターネットの口コミやランキングで評判を参考にすることも一つの手段となります


また、ネットの口コミやランキングだけで決めてしまうのではなく、いくつかの候補をピックアップして、今度は実際にカウンセリングを受けてみることも必要でしょう

そこで明確にしておきたいことは、施術を担当する医師のこれまでの施術経験や実績などです

自分が求める施術が得意であるかどうかも調べておく必要があります

■メスを使わないリストアップ

メスを使わずにリフトアップする施術にはいくつかあり、特殊な糸を使ってたるみやしわをなくす方法もあります

糸を使ったリフトアップというものは、糸でたるんでしまった皮膚を引き上げて改善する方法と、糸を皮膚の中に埋め込んで組織を刺激することで肌を引き締める方法とがあります


その他にも高周波治療やレーザー治療も今はかなり人気です

高周波治療はコラーゲンの生成を促進させてたるみを改善するという治療法になり、高周波は深部へエネルギーを伝えることが可能なので高い効果が期待できます

また、レーザー治療は肌に熱エネルギーを与えることで細胞を刺激し、コラーゲンの生成を促進させる治療方法です

肌のたるみやしわの改善にはこのコラーゲンが欠かせません

コラーゲンが増えることで皮膚の細胞が活性化するわけです


最近ではプチ整形というものも年齢を問わずかなり注目されています

美容整形がこれほどまで多くの人たちに受け入れられるようになった背景には、このプチ整形の登場が大きいと言えるでしょう

プチ整形はメスを使わない施術の代表的なものになります

その大きなメリットとして挙げることができるのは、まずメスを使わないので術後の傷跡が残らないという点です

また、施術の時間もかなり短く、術後のダウンタイムも少なくて済むという点ではないでしょうか

もちろん、大掛かりな手術よりも費用は安くなりますから気軽に受けることができます


プチ整形で60代のリフトアップを目指すなら、気になる部分に美容成分を注入してたるみやしわを改善する方法がおすすめです

このときに使用されることが多い成分は、ヒアルロン酸とボツリヌストキシンでしょう

どちらもフェイス部分のプチ整形には欠かせない成分です


テレビや雑誌、またはインターネットなどで目にしたり耳にしたりするようになったヒアルロン酸ですが、今では化粧品やサプリメントなど、実に様々なところで使用されています

これはもともと人の体内にある成分ですから安全性は高いと言えるでしょう

その主な働きは肌に弾力を与えることです

また細胞と細胞をつなげる働きもありますので、フェイス部分のたるみを取り除くこともできます

ボツリヌストキシンはボツリヌス菌からつくられる治療薬のことで、筋肉の動きを抑制する働きがありますから、表情筋の活発な動きが原因でできるしわには効果的です


このページの先頭へ