60代では、シワ予防のため、肌に余分な刺激をあたえないで、スキンケアや洗顔のやり過ぎに気をつけ、メークはナチュラルメークを心がけましょう。

60代の女性

今の60代の方は、見た目では分からないほど若く見える方も多くなってきました。

しかし、その一方で老けて見られる人もいるのが事実です。


60代以上の方は、これ以上老けないようにするために、今からできるスキンケア方法をぜひ真似してみてください。


まず、60代の人はしわを気にしてあれこれと洗顔後にたくさんスキンケアをしている人が多いのではないでしょうか。

しかし、それが間違いのもとなのです。


洗顔後、基本的にはたくさんの化粧水と乳液をつければそれで十分です。

その他に、美容液やクリームなどを付ける必要はないのです。

なぜかといいますと、肌を触れば触るほど、それが刺激となり、感想やしわの原因となってしまうのです。

なので、美容液をつけてお肌のお手入れをしているつもりが、逆にしわが出来る原因になります。

美容液やクリームを付けるということは、お肌に刺激を与えているだけなのです。

60代の人は、スキンケアをやりすぎるからそうなってしまうのです。


もちろん、洗顔も同様です。

お肌をごしごしこすっている方も多いでしょう。

それがしわの原因になるのです。

メーク落としのために、クレンジングオイルをつかって、そのあと石鹸で洗って、と言う一連の行為がお肌への刺激となり、その原因になるのです。

また、一時期流行ったたくさんのもこもこの泡で洗顔すること、それも原因になるのです。

たくさんの泡でいつまでも顔をこすっていては、かえって毛穴に汚れが入り込んでしまいます。それが原因の一つです。


また、メークも注意が必要です。シミなどを隠そうとして、自然にメークが厚くなってしまっている60代の方はどれくらいいるでしょうか。

それが、しわの原因なのです。


なぜかといいますと、先ほども書きましたように、お肌に刺激を与えてはいけないのです。

ファンデーションや、コンシーラー、チークにパウダーとたくさんお肌につけている方はたくさんいると思います。

でも、それがダメなのです。

それらをお肌につければつけるほど、刺激となってしまって、しわの原因になってしまうのです。


なので、メークはナチュラルメークを心がけましょう。

そうすれば、お肌に刺激を与えることはだいぶ少なくなってきます。

それに、ナチュラルメークにすることによって、洗顔も簡単に済ませる事が出来ますから、特に目元をごしごしとこする必要がなくなり、それが原因でお肌の乾燥や刺激を少なくすることになり、しわも結果的に予防できるのです。

肌へのダメージを抑える対策を

ほうれい線ケアの案内嬢2

しわは加齢による年齢サインであり、まったく発生しない人はいません。

60代のしわ,予防対策でポイントとなるのは、しわの進行を抑えるケアになります。

加齢によって弾力性が低下していく部分は対処が難しいですが、マッサージである程度抑えられます。

乾燥体質は加齢によって進行しますので、入念な保湿ケアで対処してください。

肌になるべく刺激を与えないこと、そして乾燥させないことが60代のしわ,予防の基本です。

不規則な生活が続くと身体から活力が奪われますが、同時に肌トラブルの原因にもなります。


60代になると肌の弾力性が低下してきますが、これは今まで受けた肌ダメージが関係しています。

乾燥と紫外線による影響が大きいので、肌を守るためには2つに注意してください。

ダメージに比例して年齢サインは強くなってきますので、元気な肌を実現するためにも年齢サインにいち早く気づくことが重要です。

対処が遅れるほど老化は促進されていきますので、月1回などの頻度で写真撮影をする対策もおすすめです。

以前よりほうれい線が深くなったり、しみが濃くなったりしている場合は、老化が進行していると考えてください。


老化を完全に食い止めることはできませんが、進行している状況を目で確認しておくことは重要です。

年齢サインが特に強く生じている部分を中心にスキンケアをしましょう。

例えばコットンマスクをすれば、普通に化粧水を塗布するよりも浸透力が高くなります。

しわが気になる部分を中心にコットンマスクを行うことで、年齢サインを薄くできるでしょう。

スキンケアは時間をかけた分の見返りがありますので、保湿ケアは念入りに行ってください。

肌に水分が豊富にあれば刺激を受けにくくなるので、安定した肌状態を維持できます。


60代のスキンケアでは悩みに応じた化粧品を使用するのが得策です。

しわ,予防対策に特化したタイプを使用すれば、進行を抑えることができます。

肌が硬くなってくるとトラブルのリスクが高くなりますので、弾力性のある状態を維持してください。

プルプルした肌はダメージに対して強く、しわやほうれい線が発生しにくいです。

日焼け止めは何歳になっても必要ですから、外出前には必ず使用しておきましょう。

ファンデーションを塗っただけでは紫外線をブロックするには不十分ですから、日焼け止めはメイクの仕上げとして使用してください。

乾燥と紫外線を防止して保湿させることが何より大切です。

肌を元気にするための習慣を

ほうれい線ケアの案内嬢3

コラーゲンとエラスチンが真皮にたくさん存在する状態は肌に弾力性があり、しわが発生しにくいです。

真皮を元気にすることが60代のしわ,予防の基本であり、そのために保湿は欠かせません。

登山が好きな人は肌が老けやすいと言われていますが、これは高い場所ほど紫外線をより多く受けるためです。

周りに遮るものがなければ、より多くの紫外線を肌で浴びてしまいます。

自動車を運転するときも、意外と多くの紫外線を浴びています。

紫外線のダメージを抑制するためにも日焼け止めは欠かせません。


60代のしわ,予防には食生活の改善も必要で、特にタンパク質を十分に補給するのが要になります。

タンパク質は体内でアミノ酸に分解されて肌の原料になるのです。

良質のアミノ酸をたっぷりと補給しておけば、肌のハリがよくなってきます。

日本人には日本食が合っていますので、タンパク質を補給するときは豆類や魚類から摂取するのがおすすめです。

肉ばかり食べていると脂肪過多になり、血液をドロドロにするリスクがあります。

綺麗な肌を形成するにはサラサラの血液が必須ですから、生活習慣病には十分に注意してください。


糖質を過剰に摂取していると肌が糖化し、弾力性を失わせることになります。

60代になると食が細ってくることが多く、肥満に悩む人は減少してくるでしょう。

ただ摂取する栄養の配分が崩れてしまうと、肌にも影響が出てきます。

カロリーの多くを糖質で摂取していると肌糖化を促進し、老け顔の原因となるので注意してください。

糖化を抑えるためには野菜をたっぷりと食べることが大切で、1日の目安量は350gと考えましょう。

色合いの鮮やかな食材は抗酸化成分が豊富に含まれており、活性酸素を抑制するうえでも役立ちます。

活性酸素を増やさないことは肌免疫を強化する基本であり、しわ,予防にもつながるのです。


肌の元気のためには適量の油分が必要ですから、乾燥肌が気になる60代の人は良質の油を補給しましょう。

ただし脂肪分の摂取が増えすぎると肌酸化を招きますので、くれぐれも摂りすぎには注意してください。

どのような栄養素にも言えることですが、過剰に摂取するとデメリットのほうが大きくなります。

肌の酸化を防ぐためにはビタミンCとビタミンEの摂取がおすすめで、これに加えてβカロチンを補給すれば完璧です。

カロチノイドと言われる植物色素全般はどれも肌によいので、積極的に緑黄色野菜を食べてください。

ほうれい線の女性とほうれい線のケアをした女性


このページの先頭へ