60代の肌トラブルの原因は、皮膚の酸化、糖化、乾燥、光老化…などがあげられ、改善策として、食生活の見直しや保湿成分配合の基礎化粧品の継続的な使用、日焼け対策と美白ケアが効果的…!

60代の女性

美しく内面から輝くような煌めきに満ちたお肌は、全ての女性の永遠のテーマであるとも言えます。

世間の女性達は美白やアンチエイジングのために、日々様々な情報を模索しながら多種多様なスキンケアを行っています。

特に60代の女性のお肌は年齢を重ねると共に様々なお悩みを抱えています。

この年代の女性が抱える皮膚トラブルにはシミやしわをはじめとして、顔のたるみや乾燥・くすみやイボなどが挙げられます。


これらの皮膚トラブルが引き起こされるのは、種類の異なる4つのお肌の老化現象に原因がありました。

1つ目の原因である皮膚の酸化は紫外線や食生活の乱れなどで体内に活性酸素が発生することで、皮膚細胞が酸化することを意味します。

お肌が酸化すると皮膚のハリが失われるので、しわなどの原因になります。

2つ目の糖化とは糖質の多い食品を摂り過ぎることで引き起こされます。

皮膚が糖化してしまうと毛穴が広がり顔のたるみなどの老化現象の原因になります。

3つの乾燥は年齢を重ねると共に減少するコラーゲンやエラスチンなどの影響で、皮膚の水分量や皮脂量が低下して潤いが著しく失われてしまう状態を意味します。


そしてあらゆる皮膚トラブルの一番の原因になるとも言われているのが光老化です。

光老化とは生まれてから長年浴び続けている紫外線の悪影響で、シミやしわ・顔のたるみやくすみなど全てのトラブルの根本的な原因になっています。

そのため60代でも若々しくハリのある瑞々しいお肌を保つ秘訣は、正しい知識に基づいた上でのエイジングケアを行うことが大切です。

まずは60代の方がお肌のために改善したいのが食生活の見直しです。

野菜や乳製品・海藻やタンパク質など糖質の少ない食品を積極的に摂り、皮膚の糖化を防ぐことが大切です。


そして乾燥しがちな60代の女性にぜひおすすめしたいのが、ヒアルロン酸やセラミド・コラーゲンやエラスチンなどの保湿成分です。

これらの保湿成分配合の基礎化粧品を継続的に使用することで、皮膚の乾燥を防いで内側から瑞々しくハリのある美肌へと近づける効果があります。

また全てのトラブルの原因である光老化の対策には、徹底的な日焼け対策と美白ケアが効果的です。

ビタミンCやビタミンE・ヒアルロン酸やアスタキサンチンなどの美白成分には、皮膚の内側のメラニン色素に働きかけてシミを緩和するなどの効果があります。


最後にポリフェノールやコエンザイムQ10など抗酸化力の強い美容成分を補うことは、皮膚の酸化を穏やかに改善する効果に優れます。

このように60代のお悩みを根本から解決するには4つの老化現象を意識した対策を行うことで、いつまでも若々しく輝くような美肌へと近づくことができるでしょう。

原因を知ることが対策のきっかけになる

ほうれい線ケアの案内嬢2

肌トラブルのリスクは50代より60代のほうが高くなっています。

さまざまな原因がある以上、解決策はこれらの原因を取り除くしかありません。

保湿は何より大切なケアですが、うるおいを与えることに加えて肌刺激自体を遠ざけていく必要があります。

刺激をより多く受けるほど肌は弱くなり、湿度変化や紫外線などに敏感になります。

60代になると肌がヒリヒリすると感じる人が多く、原因,改善策に応じた対処をすることが大切です。

最も大切なのは身体に悪い習慣は徹底して避けることにあります。

スキンケアと言えば肌に直接アプローチする方法を連想するかもしれませんが、肌は60兆個の細胞から作られている現実があります。

つまり細胞を元気にする生活を意識することが、60代のたるみ対策になるわけです。


細胞を元気にするためには規則正しい生活が基本になります。

これは簡単なことのようで実践するのは難しく、多くの人が健康的な生活を送られていません。

食生活のバランスには問題がないけど運動不足だったり、睡眠のリズムが崩れていたりするものです。

これらの習慣が完璧であっても、ストレスに悩まされているなど誰しも問題はあります。

こうした問題を可能な限り取り除いていくことが美肌になるポイントです。

原因,改善策として重要なのは、体調悪化の原因を特定していくことです。

日々の生活を振り返ってみると、改善するべき点が見えてくる人は多いでしょう。

毎日のように夜ふかしをしている、入浴するときは湯船に浸からずシャワーで終わらせる、などの習慣が身体によくないのは多くの人が知っています。


60代になると身体が無理を受け付けなくなりますが、若いころから無理が習慣化している人は注意してください。

たるみの原因となる悪習慣を無意識のうちに継続していると、肌がボロボロになってきます。

元気な肌に変えていくためには、生活から変える必要があるわけです。

さまざまな肌トラブルは同じ理由から生じることが多く、生活改善をしてたるみ対策をすれば、ほうれい線やしみなども予防できるでしょう。

スキンケアにおいて大切なのはバランスであり、化粧品によるケアだけでは十分ではありません。

若いころは不規則な生活を続けていても、化粧品だけで美肌を維持できた人が多いはずです。

しかし年齢を重ねると肌が弱くなっていきますので、若いころとはまったく事情が変わってきます。

若いころと同じようなスキンケアを行っているなら、それが肌トラブルの原因になっていると考えられます。

身体の不調を取り除けば肌も元気に

ほうれい線ケアの案内嬢3

原因,改善策のわからない肌トラブルに悩んでいる人は、骨格に問題があるのかもしれません。

骨格は年齢の影響を強く受けるもので、加齢によって少しずつ歪んでいきます。

若いころは背筋が伸びていた人も、60代になると背中が曲がってくる人が多いでしょう。

骨格が曲がってくると自律神経に悪影響を及ぼしますし、内臓の機能低下にもつながります。

内臓を正しい位置に置くためには、骨格がズレていないことが重要です。

60代になると骨盤に歪みが見られることが多く、自律神経に悪影響を与えることでたるみの原因を招いているケースは多々あります。

普段の生活習慣やスキンケア方法などに問題がないのなら、身体の歪みを疑ってみましょう。


歪みを解消するには整体がおすすめで、近頃の整体は痛くない施術を売りにしています。

痛い方法だと一時的に解消しても、すぐに再発するケースが少なくありません。

施術は痛ければよいものではなく、骨格と筋肉にアプローチするのがポイントです。

骨格のバランスを整えたら、たるみが解消したという人は少なくないです。

原因,改善策のわからないトラブルに悩んでいる人は、整体を一度受けてみるのがいいでしょう。

痛みが発生している状態は自律神経に影響しますが、痛みを感じていなくても骨格が歪んでいると問題があります。

歪みは放置するほど広がっていきますので、ますます対処が難しくなるでしょう。

どのような症状にも言えることですが、早期対策に勝る解決法はありません。


身体の不調や肌トラブルの原因は同じというケースが多いです。

例えば冷え性を解消したらトラブルがすべて解決したという話は数多くあります。

自分でここは治すべきと考えるポイントがあるなら、そこを改善してみるのも手です。

60代の肌トラブルを深刻化させないためには、シニア層特有の身体の不調を改善することが大切です。

閉経後はホルモンバランスの分泌が悪化しますので、肌質が男性化していくという人がいます。

ホルモンバランスを整えるためには、ストレスを溜めないことはもちろん、女性ホルモン様成分を積極的に補給するのがおすすめです。

食品であれば大豆イソフラボンが豊富な豆乳を飲むのが最適ですし、ほかにもホルモンバランスを整えてくれるサプリを活用するのもいいでしょう。

食品やサプリには副作用がないので、毎日安心して摂取できます。

ほうれい線の女性とほうれい線のケアをした女性


このページの先頭へ