60代で肌のたるみやシワが目立つ原因は、第一に肌の乾燥、第2に美容成分の減少、第3に肌のターンオーバーの機能の衰え…!

60代の女性

60代はまだまだ若いと言えますが、外見はかなり衰えも出てくる年齢です。

60代になると肌にはかなりたるみ、しわなどが目立ってきますが、お手入れ次第では改善できることもありますので、まずはその原因と改善策を知っておきましょう。


60代で肌のたるみやシワが目立つ原因としては、まずは乾燥があげられます。

年齢とともに肌の保水機能も衰えてきますが、肌が乾燥してしまうと様々なトラブルが起きますので、しっかり保湿を行っていきましょう。

若い世代が利用するタイプの化粧水やクリームでは保湿力が足りないこともありますので、エイジング対策用の化粧品を選ぶことがおすすめです。


そして、60代になると肌のハリや弾力を保つのに役立つコラーゲンなどの美容成分が急激に減少していきます。

それゆえ、化粧品を選ぶときもこうした美容成分がしっかり配合されているものを選びたいですし、浸透力が優れているものを選んでいきましょう。

体内から潤していくことも大切ですので、サプリメントや美容ドリンクを活用してみるのもおすすめです。

ビタミンCはコラーゲンの生成を促進するのに役立ってくれますので、ビタミンC誘導体の化粧品を利用したり、食事でも野菜や果物をしっかり摂ることも取り入れてみましょう。


さらに60代でたるみなどのトラブルが増える原因は肌のターンオーバーの機能が衰えていることもあげられます。

肌のターンオーバーの機能の衰えは睡眠不足などでも起こりますので良質な睡眠をとることが大切ですし、血行を良くするマッサージなども取り入れていきましょう。

肌のマッサージだけではなくウォーキングなどの軽い運動や入浴も全身の血行促進に役立ちます。

古い角質もたまりがちとなっていますので、時にはピーリング効果のある洗顔石鹸やローションを利用して穏やかに角質をはがしていくケアも取り入れてみてはいかがでしょうか。


そして、紫外線は肌を老化させるもととなりますので、外出の際もUV対策はしっかりと行っておきたいところです。

目元は特に老化が表れやすい部分ですので、専用のクリームや美容液でケアをしておくこともおすすめです。


それから間違ったスキンケアも肌の衰えを加速してしまうことがありますので、こちらも注意しましょう。

化粧水をつけるときに肌を強くたたいたり、マッサージを強く行いすぎることはたるみを増やしてしまうことにもつながりますので、余計な力を入れずに優しいケアを行うことが大切です。

原因に応じた処置をしてたるみを予防

ほうれい線ケアの案内嬢2

肌というのは本来であれば重力によって垂れ下がっていくのが当たり前です。

これを防止しているのは皮膚や脂肪の弾力性であり、若々しい肌は重力に逆らうことができます。

しかしコラーゲンの生成力が低下して肌の弾力性が衰えていくと、次第に重力に抵抗できなくなります。

顔太りもたるみの原因になっており、単純に脂肪が増えて重たくなることが関係しているのです。

お腹の脂肪をイメージするとわかりやすいですが、脂肪が増えるほど垂れ下がってくるでしょう。

ぽっこりお腹が気になるようになり、お腹に段々が生じて悩んでいる人は少なくありません。


60代の肌はコラーゲンやエラスチンに加えて、線維芽細胞が減少してきます。

長年の生活による肌刺激が大きく関係しており、原因,改善策は抗酸化力の向上、つまり活性酸素をいかに抑えるかです。

それに加えて脂肪とむくみが発生しないように、血液の巡りをよくしていきましょう。

血液循環がよくなれば脂肪や水分が溜まりにくいので、肌に必要以上の重さが加わりません。

当然ながら重たくなるほど重力の影響を強く受けてしまいますので、顔太りには十分に注意してください。


ほかにも筋肉の減退が関係していますので、筋力を強化するための対策が必要になります。

60代になると食べたものが速やかに消化吸収されにくく、効率よく栄養として補給できないのです。

吸収力を少しでも高めるためには、胃腸を元気にするのがポイントです。

毎日ヨーグルトを摂るだけでも、お腹の調子を整えられます。

ヨーグルトは朝一番で飲んでいる人が多いですが、胃酸の影響によって善玉菌が死滅すると困ります。

少しでも多くの乳酸菌を届けるためには、最初に温かい白湯を飲んでお腹を温めるのです。

すると同時に胃酸も薄くなりますので、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が影響を受けにくくなります。


60代のたるみの原因,改善策はスキンケアだけでは十分ではありませんので、食生活も変えていく必要があるわけです。

食生活とは身体づくりに加えて、肌を形成するための習慣です。

栄養バランスに富んだ食事を摂ることは重要ですが、栄養の吸収が低下していると十分に機能してくれません。

機能性を最大限に活かすためにも、内臓の中でも特に胃腸は元気にしておいてください。

腸内年齢は肌年齢を示しているという話は嘘ではないのです。

年齢に負けない肌を実現するためにも、胃腸の老化を防ぐ必要があります。

さまざまな要因がたるみを引き起こす

ほうれい線ケアの案内嬢3

60代になると肌が弱っていくのは間違いなく、これには骨格が大きく関係しています。

更年期を迎えた女性はホルモンバランスが崩れやすく、女性らしさが減退していくケースが多々あります。

人間の身体はホルモンバランスにより体調が調整されており、両者のバランスが崩れてしまうと不調を招くのです。

40代くらいから骨格が縮んでくることが多いため、60代になると20代と比較して顔骨が小さくなっています。

それにもかかわらず以前より太くなったという人は、脂肪やむくみによる影響だと考えてください。


骨の萎縮は抑えることができませんが、マッサージによって筋力を維持することでたるみの予防ができます。

筋力が低下するほど肌は下がっていきますので、手技でほどよい刺激を与えてください。

肌は適度な負荷を与えることで強化される性質がありますので、マッサージは非常に効果的です。

血液やリンパがスムーズに循環するように調整する作用もあるので、細胞を元気にするためにも実践してください。

肌は細胞の集合体により作られているため、細胞を健康にすることが美肌や肌トラブル防止のポイントになります。


60代の肌対策では美顔器を使用した原因,改善策も最適で、手技によるケアより深部まで美容成分を届けられます。

美顔器を使用してから肌が引き締まり、弾力性が復活したという人は少なくありません。

常に弾力性のある状態にしておけば、たるみの発生を遅らせることができます。

年齢とともに代謝が低下していくので、肌に余分なものが溜まりやすくなるのは仕方ありません。

デトックス作用が低下していますので、排出するべき老廃物が蓄積してしまうのです。

デトックスを速やかに行うためには、体質改善をしていく必要があります。

温活をして身体の芯から温めること、なるべく温かい食べものを摂ること、時間をかけて入浴すること、などが重要になってきます。


60代のたるみは身体の衰えによって生じることが多いので、原因,改善策として身体を動かすことを意識してください。

病気で入院をすると一気に老け込んでしまうという人は少なくないでしょう。

入院すると必然的に運動不足に陥りますので、身体が弱くなってしまうのです。

日常生活においても運動をほとんどしない人は、急激に身体の機能を衰えさせることになります。

たるみなどの肌トラブルの発生にもつながりますので、適切な原因,改善策を実施してハリを取り戻しましょう。

ほうれい線の女性とほうれい線のケアをした女性


このページの先頭へ