加齢による老化現象、それによる機能低下が起きていることもおおい60代においては、その回復自体を見込むのが難しいと言う現状…

若い内からできるだけそれを予防すること、回復させておくことが対策…!

60代の女性

60代になると肌悩みが多くなるのは、ひとつは加齢による老化現象が起こるためです。

更にそのことが原因で、これまでに蓄積されたダメージによる悩みの回復がなかなか行われにくくなると言うのも、原因のひとつに挙げられます。

また、女性の場合においては女性ホルモンの分泌量が著しく減少したり、そのバランスが乱れることも原因です。


まず加齢による老化現象です。

これによってバリア機能が低下したり、保水、保湿機能が低下します。

そのため乾燥が進行したり、ターンオーバーの周期が乱れやすくなったりします。

乾燥はしみ、しわ、たるみと言ったあらゆる悩みの原因にもなるので、60代になるとこの悩みを抱えることが多くなります。

そしてこれまで浴びてきた紫外線のダメージ、あるいは糖化と呼ばれるような現象によるダメージ、血行不良によるダメージなどが肌に出やすくなるのも、加齢ならではの現象です。


若い時であれば、こうしたダメージも、時間はかかるものの回復することが期待できます。

しかし加齢による老化現象、それによる機能低下が起きていることもおおい60代においては、その回復自体を見込むのが難しいと言う現状があります。

そのためしみがどんどん濃くなってしまったり、たるみがどんどん酷くなり、ほうれい線の発生にもつながってしまうことも珍しくはありません。


そして加齢による女性ホルモンの減少です。

女性ホルモンには、保水機能やなめらかさ、色艶を保つ作用などがあります。

そのため、加齢によってこの分泌量が減少したり、ホルモンバランスが乱れたりすると、肌のコンディションそのものが低下すると言う悩みが発生しやすくなります。

このように60代にありがちな肌悩みの原因は、ひとつではなく複数の原因が関係していることが多いです。

よって対策に関しても、全ての原因にまんべんなく働きかけることが求められます。


まず乾燥ですが、これはスキンケアにおいて徹底的に保湿を行うことが求められます。

なかなか化粧水が浸透していかないと言う場合は、蒸しタオルをのせて皮膚を柔らかくしてから化粧水を塗布すると、浸透が良くなります。

また潤いを閉じ込めるために、クリームやジェルなどで蓋をすることも対策です。

それからあらゆるダメージに関しては、若い内からできるだけそれを予防すること、回復させておくことが対策になります。

日焼け止めを使用して紫外線ダメージを防ぐ、糖化を防ぐために甘い物の食べ過ぎには気をつけると言ったことが挙げられます。

そして女性ホルモンに関しては、規則正しい生活を心掛けると共に、必要に応じてサプリメントなどでその減少を補うようにすると良いです。


このページの先頭へ