紫外線対策をすることで、シミやしわを防ぐ…

栄養の整った食事と十分な睡眠を…

60代の女性

年齢を重ねるにつれ、やはり肌は衰えていきます。

若い頃のようになハリや弾力はだんだん失われていきます。

そこで今回は、60代でも年齢を感じさせない肌を作る方法を説明します。

その前にますしわやたるみ、シミなどが出てくる原因から説明していきます。


まず1つ目は年齢の加齢による原因です。

やはり年齢が上がるにつれ、重力に耐える力が衰えていきます。

老化が原因で、顔の肉が重く垂れ下がってしまい、たるみなどを引き起こす原因になるのです。


2つ目は、お手入れ不足です。

若いからまだ何もしなくていいなどと考えてしまう方が多いことでしょう。

紫外線を浴び続けていても、若い頃は新陳代謝が活発で、すぐにお肌は生まれ変わりますが、そのままの生活を続けていると、後々シミやシワなどを引き起こす原因となってきます。


3つ目は生活習慣の乱れです。

学生時代が終わり、社会に出て働き始めると、なかなか自分の時間が取れなくて生活習慣が乱れてきます。

生活習慣が乱れると、栄養の整った食事も取れなくなりビタミン不足などを起こします。

コラーゲンなども失われていき、ハリがなくなってくるのです。

また、十分な睡眠時間をとっていないとホルモンバランスが乱れ、ニキビなどが出てくるようになります。

そのような問題が積もり積もって、60代になるとシミやシワ、たるみなどが出てくるのです。


では、お手入れの方法を説明します。

使用化粧品はなるべく化学物質の入っていないもので、オールインワンのものではなく、化粧水、乳液、クリームとそれぞれ分かれているものを使うようにしましょう。

油と水はどうしても混ざらないので、一つひとつ浸透させて使うようにしましょう。

そして紫外線対策は必ず行ってください。

紫外線対策をすることで、シミやしわを防ぐことができます。

また、皮膚ガンを予防することもできるので、日焼け止めを塗るなど、必ず対策をしてください。


年齢が上がるにつれて水分量が少なくなってきます。

成分量が少なくなると、体内で水分を作ろうと油を出してしまい、その油がニキビを作る原因となってしまいます。

冬など寒い季節は1番乾燥しやすいので、乳液の量を増やすなどしっかり調整することが大切です。


次に生活習慣を整えることです。

栄養の整った食事と十分な睡眠をしっかりとってください。

栄養不足を招くこともないので、なめらかで潤ったお肌を作ることができます。

お手入れをしっかり行うことで、60代という年齢を感じさせないような美肌を手に入れることができます。

60代の年齢肌には保湿を重視してほしい

ほうれい線ケアの案内嬢2

60代の年齢肌で使用する化粧品の内容で重視してほしいのは、含まれている内容の中に保湿成分を中心に配合されている物を選ぶことです。

一般的な化粧品の内容の中には、ビタミンやミネラルそして皮脂に近い油分成分を加えて作られています。

これらの成分の役割というのは、肌の細胞活動を意味する新陳代謝の底上げです。

今一度新陳代謝とは何なのかをおさらいすると、肌の中には目には見えない多くの細胞が生きて活動をしています。


肌は常に雑菌やほこりの影響から体を守るために、摂取した栄養から皮膚の材料を作り出して表面を覆っているのです。

20代から40代を対象にした化粧品というのは、日々の生活の中で不摂生を行うことで肌に充分な栄養が送り込めない状況を作り出しています。

そのため古い角質を壊して新しく皮膚を張り付けるという新陳代謝がうまくいかずに、古い細胞が所々に残って肌の質感が悪くなってしまいます。

そこで不摂生によって乱れてしまった肌の新陳代謝を戻すために、体の中で不足気味の栄養素を補うことで新陳代謝を促し美肌に導きます。


しかし注意しなければならないのは、何度も言うように20代から40代を対象にした化粧品は不足した英威容を補給することが目的になるのです。

これはあくまで細胞組織が元気というのが条件であり、細胞の動きというのは50代をもって活動がどんどん落ちていきます。

60代という年齢になると本格的な低下気に入り、残念ながら正常な皮膚が生まれづらい状況になっているのです。

そのままの状態だと十分に育たなかった皮膚は、本来の役目を担うことができずに摂取した水分を保持できずに放出だけが強く出てしまいます。

水分の維持よりも放出の方が多くなるということは、どんどん空気中に水分がもっていかれて乾燥してしまいます。

乾燥した状態は当然ながらひび割れを起こしてしまうので、どんどん老けた見た目になってしまうのです。


残念ながら現代医学であっても若いころの細胞組織を若い状態に持っていくことができないので、細胞が衰えるのはあきらめてその代わりにしっかりと補修してあげるのが重要になります。

そこで重要になってくるのが、先に言った保湿という部分が関係してくるのです。

保湿というのは、簡単に言えば皮膚の表面に薄い膜で覆うことです。

60代という年齢の美容トラブルは、正常な皮膚が作られないことで本来保持できるはずの水分が出て行ってしまう状態になります。

そこで保湿を定期的に行うことで、皮膚の中の水分を維持できればきれいな状態を維持できるのです。

健康な状態を維持するために必要なこと

ほうれい線ケアの案内嬢3

60代は皮膚の角質がうまく作れなくなっているので、どうしても水分が外に出る量が多くなり乾燥してしまいます。

そこで60代からの化粧品で、真っ先に重視してほしいのが保湿を行ってくれる成分が必ず加えられている物を選ぶとよいです。

その保湿を行ってくれる成分というのが、ヒアルロン酸とコラーゲンです。

ヒアルロン酸は人体が生み出す粘着成分のある水分で、摂取した水分がすぐに出ていかないようにする役目を持っています。

そしてコラーゲンはアミノ酸の一種で、肉体を構成するのに必須の栄養成分です。


これら2つの成分は人体にとって必須なので、基本的に食べ物から摂取すると肝臓によって再構成されることで使われます。

しかし60代という年齢になると、何度も言うように全身の細胞の活動が落ちて敷くので肝臓の働きも悪くなるのです。

肝臓は摂取した栄養素を分解して人体に溶け込みやすいように再構成する臓器なので、動きが悪くなれば食べ物から摂取したコラーゲンやヒアルロン酸を生み出す機能も落ちてしまいます。


そこで衰えるのは仕方のないことなので、ほかのところからコラーゲンとヒアルロン酸を吸収することが重要になるのです。

そのために必要なのが化粧品やであり、60代を対象にした化粧品の多くは人工的に生み出したコラーゲンやヒアルロン酸が含まれています。

人工的に生み出されたコラーゲンやヒアルロン酸は人間が吸収しやすいように加工されているので、数回使用することで肌の中に定期的に摂取されることになるのです。


コラーゲンを吸収すると、水分と油分を失っている皮膚に溶け込むことで新しい角質を生み出すのに役に立ちます。

そしてヒアルロン酸は粘着成分のある水分なので、体内に吸収した水分と油分が放出される量よりも保持してくれる機能を持ちます。

それによってヒアルロン酸とコラーゲンが入っている成分を選ぶことで、皮膚の質感を元に戻すことができるのです。


ただヒアルロン酸とコラーゲンが入っている化粧品だけを使えば、きれいな状態を維持できるというわけではないことを忘れてはいけないといえます。

そもそもヒアルロン酸とコラーゲンは必須の栄養素ではあるのですが、皮膚を作り出すのはあくまで細胞です。

衰えているからといって全く動いていないというわけではなく、年齢を重ねても十分に栄養素を送り込んであげれば死ぬまで元気に働いてくれます。

そのためヒアルロン酸とコラーゲンの化粧品を使うだけでなく、しっかりとビタミンやミネラルの栄養素と代謝を促す生活習慣を行うことできれいになれるのです。

ほうれい線の女性とほうれい線のケアをした女性


このページの先頭へ