60代…年齢に合ったケアがどうしても必要

加齢に伴って真皮のコラーゲンが減少

60代の女性

60代のお肌は、若い頃とはまるで違います。

少し前、つまり50代の頃よりも、さらに乾燥が進みやすい状態にあると言えます。

実際に、60代の頃に分泌される皮脂量は、赤ちゃんの頃と比べて同じ程度しかないとさえ言われているのです。

このように、自然に分泌される皮脂量が減っているのに、これまでと同じようなスキンケアをしていたのでは、当然乾燥はより一層進んでしまうことになるでしょう。

そのため、やはり年齢に合ったケアがどうしても必要になってくるというわけです。


では、このような60代のお肌の悩みに効果的なのはいったいどんな成分なのでしょうか。

その一つがコラーゲンです。

基本的に言って、60代のお肌がこれまで以上に乾燥しやすくなる主な原因は、体内にあるヒアルロン酸やコラーゲンといった重要な成分が徐々に減少してくることにあります。

これらの大事な成分は、年齢を重ねるにつれて減少する傾向にあるため、これらを補ったり強化したりすることが必要となるのです。


60代でかなりの程度減少してしまうコラーゲンとは、たんぱく質からできている繊維のことで、真皮の約70パーセントを占める成分と言われるほど重要な成分です。

あたかも網目状のネットワークを作っているかのような繊維によって、弾力を与える貴重な働きをしています。

つまり、シワやたるみのない若々しいお肌を作るには、コラーゲンは必要不可欠な成分であるというわけです。


しかし、加齢に伴って真皮のコラーゲンが減少していくのを止めることはできません。

そこで必要なのは、コラーゲンの働きを強化することでしょう。

ここで是非とも覚えておきたいのは、化粧品などに含まれているコラーゲンの場合、ほとんど体内に吸収されることはないということです。

もちろん、化粧品の中には、分子のより小さなコラーゲンを配合したものがあります。

これら分子が小さいものであれば、それだけ体内にも吸収される可能性が高くなると言われているため、このタイプの化粧品を使ってスキンケアをするのもよいでしょう。


さらには、体内のコラーゲンの働きを強め、活性化することができます。

そのためには、ビタミンCやビタミンC誘導体が効果的であるとも言われています。

そのため、特に60代の方であれば、ビタミンCやビタミンC誘導体がたっぷり配合された化粧品を使うことによって、減少していくコラーゲンを活性化するよう心がけることができるでしょう。

こうして60代のお肌にあったスキンケア対策を講じることができます。

「60代の乾燥肌におすすめのコラーゲン配合の化粧品」

ほうれい線ケアの案内嬢2

年齢とともに様々な年齢肌のサインが出てきます。

30代後半からコラーゲンという肌細胞をつないでいるものの生成量が激減することで、急激に乾燥しはじめます。

乾燥すればシワが出来るのはもちろん、保湿力の低下でバリア機能も低下しますので紫外線の影響も受けやすくシミが出来る要因にもつながります。

若い時にはあまり気にならなかったのに、60代はシミも濃く数も増えてくるという悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。


コラーゲン量が減少すれば、キメが整わずたるみが生じてほうれい線も深くなってくることもあります。

おでこにもシワができたりと、60代のスキンケアはあれこれ対策をしなければなりません。

そこで注目されているのが保湿効果が高いコラーゲンを化粧品で補ってあげることです。


基礎化粧品には今様々なものが出ていますので、ドラッグストアや百貨店、通販サイトを見てもたくさんありすぎてどれを選んでよいのかわからないという方も多いかもしれません。

そんな時にな口コミで評判が良いものや、ランキングをチェックして上位のアイテムから試してみることもお勧めです。


長年使っている愛用の化粧品から変えるのは勇気がいることかもしれませんが、年代や季節によっても肌の状態は変化が起きていますし、その時その時によってベストな化粧品を選んで使うことが大事なポイントです。

乾燥肌はあらゆる肌トラブルやエイジングサインを進行させてしまうことになりますので、できるだけ早い段階でエイジングケアを行うのが理想です。


シワやほうれい線などのエイジングサインがすでに出ている場合でも、入念にコラーゲンを補ってあげることで改善されたり肌質が変わってくることも多いにありますので、諦めずに継続してスキンケアを行ってあげましょう。

年齢だけではなく、体質もありますので乾燥しやすかったり乾燥していてもべたつくといったインナードライタイプの方もいます。

そんな時には使用感の好みでも選べるものがありますし、下地でテカリをおさえてくれるタイプもありますのでうまく選んでいきましょう。


コラーゲンはサプリメントやドリンクでも商品化されていますし、外側からと内側からと両方でアプローチすればよりアンチエイジング効果も大きいです。

「コラーゲン配合のオールインワンジェルならお手入れワンステップで快適

ほうれい線ケアの案内嬢3

エイジングサインは、60代にもなるとシワやシミ、たるみやほうれい線やくすみなど、様々なものが出てきます。

これらのエイジングサインが出来る多くの要因といわれるのが、乾燥です。

若い時には弾力があってハリもあったのに、しぼんでしまってたるんだりシワが出来るのは、コラーゲン不足が主な原因です。


コラーゲンは30代後半からその生成量がどんどん減少してしまいますが、それによってキメも荒れてしまい保水力が低下して乾燥につながります。

コラーゲンには細胞同士をつなぎとめる役割がありますので、それが減少することで化粧水を使ってもうまく浸透してくれなくなるのです。


そこでこの不足しているコラーゲンを効率よく補ってあげることが、60代のスキンケアの重要なポイントです。

様々なスキンケアアイテムが出ていますが、保湿成分でもあるコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドといったものが配合されている化粧品は保湿効果が期待できます。


アンチエイジング対策にはとにかく保湿ということも言われていますし、その点コラーゲンを含む化粧品でお手入れをすることで内側からふっくらと弾力のある肌にしていく事が出来ます。

そこで60代の方にお勧めなのが、お手入れがワンステップでできてしまうコラーゲン配合のオールインワンジェルです。


オールインワンジェルは、化粧水や美容液や乳液、さらにクリームやパックや化粧下地までの効果がこれ一つで得られますので、時間をかけずに簡単に、そしてコスパも抑えてケアをしたい方にはもってこいのアイテムです。

ドラッグストアなどでも手軽に購入することはできますが、通販専売品でも登場していますし、効果も非常に高いと話題になっているアイテムもありますので要チェックです。


オールインワンジェルはジェル状になったテクスチャーですので、液だれもしませんしぐんぐんと浸透してくれます。

さらにパックのような効果で潤いをしっかり閉じ込めてくれますので、乾燥が気になる60代の好きにケアにも最適です。

美白効果のあるアルブチンやハトムギエキス、ビタミンC誘導体などの有効成分が配合されていれば、美白も保湿も両方できてしまうので大変効率もよく便利です。


60代のお肌は摩擦が乾燥を引き起こしてしまうということも想定されますし、お手入れのステップが少なければそれだけお肌には負担をかけずにスキンケアをする事が出来るという点でも優れています。

1つだけのアイテムで済むので、コスト的にもかからずメリットは大きいです。

ほうれい線の女性とほうれい線のケアをした女性


このページの先頭へ